木材・材木販売 越後杉の竹島屋材木店TOP

 
 

                                           
   んでよしゆたかなまい

               越後杉     竹島屋材木店    越後杉ブランド認証材生産場

                                     〒948-0134 新潟県十日町市上新井76番地1      TEL-025-768-2033  FAX-025-768-2198
            
       竹島屋材木店TOP
 
 
  このページをご覧になるには、Flash Playerが必要です。
     
   お持ちでない方は、こちら からダウンロード出来ます。
 

 

    所在地
    〒948-0134 新潟県十日町市上新井76番地1 TEL 025-768-2033 FAX 025-768-2198 
  
 
   竹島屋材木店は昭和25年の創業以来、地元の工務店 大工さんを中心に
 
      材木てきました

   最近では、木材販売業者への卸売りやホームセンターなどの大型店への

   販売も多くなってきています。
 
   

    日曜大工や工作用などの小さな材料1本1枚でもカンナ
加工
 
    して販売配達をいたします。

    越後杉ブランド認証材の生産販売や製材賃挽なども行っております。
 
    節のない辺材でとった自然乾燥の上質な材木やオガ粉の通信販

    売もしています。
 
    お客様のご要望に応じた製材賃挽も致します。
 
 
 

  通信販売

     越後杉の自然乾燥材で作った日曜大工や工作用木材(材木)として最適の

        
越後杉製品の通信販売


     カブト虫やクワガタの飼育・吸水性の他、油の吸着性能に優れ廃油処理
に最適の

       
オガ粉の信通販売

 
  
   良質の杉材の供給

    四季のある日本では木を伐採するにも、伐採時期というものがあります。
通常、
 
    木が水を吸い上げなくなる秋以降が、その季節にあたります。春から夏の間は、
 
    木が栄養分を吸い上げて水分を多く含んでいるため虫やカビがつきやすく、乾
 
    燥すると水分のある春材(年輪と年輪の間)の部分が極端にやせて来るので伐
 
    採には向かない時期なのす。

    また、「ずぶ生」の状態で製品として建築材料に使用すると、数ヶ月で接合部
 
    のゆみ、収縮、反りなどの弊害をもたらします。

    良質の材木を生産するには、秋切り、冬切りの原木を製材し、時間をかけて自
 
    然乾燥させるのが一番です。このようにして生産した材木は、加工したとき人
 
    工乾燥材より、艶があり、きれいな製品に仕上がります。また、粘りが出て構
 
    造材としても十分使える材料になるのです。